グリーン皮膚科クリニックメディカルスパ

グリーン皮膚科クリニックメディカルスパ

レーザートーニング ―治療一覧― | グリーン皮膚科クリニックメディカルスパ

レーザートーニング ―治療一覧― | グリーン皮膚科クリニックメディカルスパ

お悩み別メニュー
  • しみ・そばかす
  • レーザー脱毛
  • メンズ脱毛
  • しわ・たるみ
  • ワキ汗・ワキガ
  • 小顔
  • にきび・ニキビあと
  • 毛穴
  • ほくろ
  • ピアス
  • 点滴療法
  • 乾燥肌(水光注射)
治療一覧

レーザートーニング

このようなお悩みにおすすめですこのようなお悩みにおすすめです

レーザートーニングとは、QスイッチYAGレーザーを用いた「もやっとした色味」を改善させる治療です。
1064nmの波長で低出力で施術をすることにより、肝斑、くすみ、色むらを治療します。
2週間ごとに5回程度の治療を受けていただくことで、透明感のある肌へと導きます。
トーニングのみではカサブタになることはなく、ダウンタイムはありません。

肝斑治療の基本はトラネキサム酸の内服とハイドロキノンの外用剤に効果が認められており、これらは基本的な治療になります。

肝斑の治療にはもう一つ重要なファクターがあります。
肝斑は皮膚をこすって洗う方に多くみられ、摩擦(まさつ)皮膚炎と言っている医師もいらっしゃいます。拭き取りクレンジングをしないこと、こすらないスキンケアを推奨しています。



肝斑治療の基本処方例

  • ハイチオール(L-システイン)
  • ビタミンC(シナール)
  • トランサミン(トラネキサム酸)
  • ハイドロキノン外用



レーザートーニングの施術の流れ

洗顔後 レーザーを顔全体に照射していきます。
その際パチパチと皮膚の上で弾く感覚がある程度で痛みは強くありません。
照射時間は10分程度です。
クーリングをして終了です。
※2週間に1回の治療を5回照射すると効果的です。



施術例


Before
After



施術後の注意事項

  • 施術当日よりシャワー、入浴が可能です。
    照射部分は擦らないように、軽く洗い流す程度にしてください。
  • 照射部分は保湿を十分にし、クレンジングやマッサージはさけて、こすらないようにして下さい。
  • 強い日ざしを避け、日焼け止めクリームはしっかり行いましょう。
    処方された内服薬や外用は、必ず継続して下さい。



施術料金(税別)

初回初診料 2,000円
再診経過観察 無料
レーザートーニング
(低出力照射・顔面全体 1回)
10,000円
→キャンペーン中 8,000円
ワンショット・ピンポイント照射
(高出力照射 トーニング併用時のみ)
500円



よくある質問

トーニングのメカニズムを教えてください。
他院のホームページには表皮のメラニンに反応して色を薄くするといった記載がございます。間違いではないですが、肝斑や色素沈着の対する効果はこれでは説明できず、現在では真皮に熱刺激を加えることで表皮のリモデリング(再構築)効果を起こすことで、メラニン生成を抑制するといわれております。
レーザーフェイシャルとは違うのでしょうか。
当院のレーザーフェイシャルは755nmという波長を使用します。
メラニン感受性が強いため、マイクロクラストという小さいカサブタになります。
基本的には肝斑のないソバカス状のシミの方にレーザーフェイシャルをおこないます。
トーニング治療のメリットを教えてください。
従来のレーザーでは治療できなかった肝斑やニキビ痕の色素沈着に、レーザートーニングは有効です。
トーニングだけで境界のはっきりしたシミはとれますか?
薄くはなりますがゼロにはなりません。
同じ機械で532nmのモードに切り替えて強めに照射する(別途費用)か、Qスイッチルビーレーザーを照射します。5mmを超える大きいものは絆創膏が必要ですが、5mm以内の小さいものはお化粧で隠れます。
施術をうける注意点はございますか?
肝斑の方は、かならずビタミンCと
トラネキサム酸の内服の併用をお願いしております。
また皮膚をこすらないこと、なるべくクレンジングを使わないこと、紫外線を浴びないこと、サンスクリーンの使用をお薦めしております。
トーニングの頻度と回数を教えてください。
2週間ごとの照射を5回推奨しております。
肝斑は再発しますか?
肝斑はニキビと同様、再発しやすいです。
皮膚をこすらないスキンケアで良い状態をキープします。
太田母斑、真皮メラノサイトーシスもとれると聞いたのですが?
出力を変更すれば施術が可能ですが、Qスイッチルビーレーザー(リンク)の方が出血せず効果的ですので、まずはそちらで治療します。