グリーン皮膚科クリニックメディカルスパ

グリーン皮膚科クリニックメディカルスパ

にきび・にきび痕治療 ―お悩み別メニュー― | グリーン皮膚科クリニックメディカルスパ

にきび・にきび痕治療 ―お悩み別メニュー― | グリーン皮膚科クリニックメディカルスパ

お悩み別メニュー
  • しみ・そばかす
  • レーザー脱毛
  • メンズ脱毛
  • しわ・たるみ
  • ワキ汗・ワキガ
  • 小顔
  • にきび・ニキビあと
  • 毛穴
  • ほくろ
  • ピアス
  • 点滴療法
  • 乾燥肌(水光注射)
治療一覧

にきび・にきび痕治療

にきびは皮脂腺から分泌される皮脂や、毛穴の角化亢進、ニキビ菌によりおこります。原因として思春期(内分泌変動)、外的因子(化粧など)、薬剤性が考えられます。
慢性的な炎症性疾患ですので、根気よく治療することが大事です。通常は保険診療による治療で改善されますが、自費診療の併用も可能です。

ニキビ跡は、主に色素沈着(赤・茶)、瘢痕(凹み)(ボックススカー ローリングスカー アイスピックスカー)に分類され、軽症であればビタミンCの機能性化粧品の併用で改善されます。
その他、ビタミンCのイオン導入(スキンスクライバー)・サリチル酸マクロゴールピーリング、YAGレーザー等の治療をおこなっております。



ニキビの病態




いろいろなニキビと治療方法

面皰(白ニキビ・黒ニキビ)
  • ピーリング効果のある外用剤 面皰圧出
  • 主に保険診療

炎症性丘疹・膿疱(赤ニキビ)
  • 抗生剤内服・外用 ピーリング効果のある外用剤
  • 主に保険診療

ニキビ痕(赤)

ニキビ痕(茶)

瘢痕(凹み)

※瘢痕以外は自費によるケミカルピーリングの併用が可能です。



ケアのしかた

①洗顔の仕方

脂性・乾燥肌の方共通です。化粧をされている方はクレンジング(合成界面活性剤の多いオイルは避けましょう)後に、泡立てネット等を使用して、泡立てた洗顔料を顔全体に包み込むように洗います。ニキビができている部分も、額やあご、鼻のまわりなども特別なことはせず、やさしく軽めに洗ってください。
一生懸命綺麗にしようとキュッキュッとこすって洗わないようにしましょう。
すすぎは、しっかり洗い流して、その後タオルでふく時はやさしくおさえるようにしてください。

洗顔料の選び方(弱酸性にこだわる必要はまったくありません)

洗顔料の選び方(弱酸性にこだわる必要はまったくありません)洗顔料の選び方(弱酸性にこだわる必要はまったくありません)


②処方された外用剤をお使いください

肌の状態によっては、化粧水の後に使うものがございます。


③必要であれば化粧水・乳液で全体的に保湿をしてください

皮脂の多い方にはビタミンCローションがおすすめです。皮脂の抑制効果が期待できます。
そのほか
  • ハイポコメドジェニック(ニキビができづらい製品)
  • ピーリング成分配合(AHA、フルーツ酸、グリコール酸、乳酸、サリチル酸)
  • レチノール
などが、ニキビをできにくくする成分が配合されており有効です。一部の製品では使い続けることにより皮膚が薄くなることがあり、刺激感を感じる方もいらっしゃいます。


④外用剤と化粧の関係

化粧を控えるよう指導するDrは多いかと思いますが、製品に注意していただければ化粧をしてもかまいません。洗顔・クレンジングにも注意しましょう。

処方された外用剤(化粧水の後に塗る製品もあります)→(化粧水)→(美容液(ビタミンC/美白))→(乳液)→(クリーム)→ 下地(オイルフリー・日焼け止め)→メイク(パウダー)

脂性肌の方は乳液やクリームは省いていただいてもよろしいかと思います。
乾燥肌の方は保湿をすることでニキビの改善がみられます。
製品に関してはオイルフリー・ノンスクラブ。リキッドではなくパウダーといった製品をお使い下さればニキビがあっても大丈夫です。


⑤治療のエトセトラ~保険診療で処方する主な製品~



ぬりぐすり

  • ディフェリンゲル、ベピオゲル、デュアック
    毛穴のつまりを取り除く効果があります。
    黒ニキビ、白ニキビ、膿んだニキビに効果があります。
    〈図の☆に効果があります〉
  • アクアチムクリーム、ダラシンTゲルなど
    抗生剤です。炎症性ニキビに効果があります。 
    〈図の※部分に効果があります〉
  • トレチノインクリーム(院内製剤)
    黒ニキビ、白ニキビ、膿んだニキビに効果があります。
    〈図の☆に効果があります〉

のみぐすり

  • ルリッド、ミノマイシン、ファロム、クラビット錠など
    抗生剤です。炎症性のニキビに効果があります。 
    〈図の※に効果があります〉
  • ビタミンB2/B6、ビタミンC
    皮脂調節作用、炎症後色素沈着予防・改善、抗酸化作用。 
    〈図の*に効果があります〉

面皰圧出

膿んでいるニキビや、黒く詰まっているニキビを"にきび刺し"をもちいて、毛穴ケア・毛穴洗浄をします。若干出血と痛みがあります。